光回線

【全部で3つ】アパートに光回線を引くときの確認事項!選び方や注意点も

光回線はアパートでも利用できますが、戸建ての契約と比較すると、注意すべきポイントが少し変わってきます。そこで今回は、アパートに光回線を引くときの確認事項をまとめてみました。

特にアパートの場合、料金システムも複雑なため「戸建てでお得な光回線=アパートでもお得」とは限りません。

ここでは選び方・注意点と一緒に、アパートでおすすめの光回線も紹介しているので、ぜひ参考にしてみてください。

契約前に確認!アパートに光回線を引き込むときのチェック項目

アパートの光回線で確認すること

光回線をアパートで利用する場合、物件のインターネット環境がどうなっているのかを把握する必要があります。

基本的に、アパートの管理人・大家・不動産業者に聞けば、内容を確認できるはずです。特に、以下の項目をチェックしておくようにしましょう。

光回線がアパートに導入済みか

アパートの回線導入状況

光回線が導入されているアパートであれば、同じ回線を使っている業者へ申し込めます。ただし回線の種類は、アパートごとに異なるため、すでに導入されているかも含めて確認しましょう。

もしアパートに光回線が導入されていない場合や、導入されているものとは違う光回線を引きたい場合は、最初に工事を行います。そのときには、管理人・大家への相談が必要です。

ちなみにフレッツ光が導入済みのアパートであれば、ドコモ光やソフトバンク光など、光コラボと呼ばれる光回線も利用できます。

光回線の導入状況利用できる光回線
NTTの光ファイバー
(フレッツ光)が導入済み
フレッツ光
ドコモ光・ソフトバンク光など
auひかりが導入済みauひかり
NURO光が導入済みNURO光
その他の回線が導入済み
(ケーブルテレビ回線など)
導入されている光回線による
アパートに光回線がない
別の光回線を利用したい
管理人や大家への相談が必要

回線の引き込み工事をするか

アパートの工事状況

アパートで光回線の工事が必要かどうかは、「光コンセント」の有無によって判断が可能です。光コンセントとは、光回線と通信機器を接続するためのコンセントになります。

そのため「光コンセントがある=光回線が導入されている」と考えても良いでしょう。目印は「光」と書かれれている文字です。

光コンセントの例
出典:ソフトバンク光:「開通工事の流れ

もしアパートの部屋に、光コンセントが設置されていなければ、回線工事を行う可能性があります。工事といっても、大掛かりなものではなく、おおよそ1時間程度で終わる内容です。

ちなみに工事当日は、担当者が部屋に入るので、契約者または代理人の立ち会いが必要になります。なので、予定があいている日に申し込みをしてください。

光回線の工事状況光回線の工事の有無
回線が部屋まで引いてある
(光コンセントがある)
工事なしで光回線が使える
部屋に引かれていない
(光コンセントがない)
簡単な工事してもらう必要がある
アパートに光回線がない
別の光回線を利用したい
管理人や大家への相談が必要

管理人・大家に工事の許可が必要か

アパートの管理人の許可

光回線が部屋まで引かれているときは、工事なしで利用できるので、管理人・大家に許可をとる必要はありません。

もし部屋に引かれていなければ、アパートに光回線が導入済みであっても、念のため確認しておくことをおすすめします。

またアパートに光回線が導入されていない場合や、別の光回線を利用したい場合は、必ず管理人・大家への相談が必要です。

許可が下りないと、担当者から工事できないと言われてしまいます。また勝手に工事を進めてしまうと、あとでトラブルの原因になりかねないので注意しましょう。

光回線の工事状況管理人・大家の許可
回線が部屋まで引いてある
(光コンセントがある)
許可なしで利用できる
部屋に引かれていない
(光コンセントがない)
念のため許可をもらうと安心
アパートに光回線がない
別の光回線を利用したい
事前の許可が必要

どれが安い?アパートで光回線を契約するときの選び方

アパートの光回線の選び方

アパートで光回線を契約する際には、まず「基本料金の安さ」が重要です。アパートの構造によって、料金タイプが異なる場合もあるので、事前に確認しておきましょう。

また「スマホ割引」のある光回線なら、スマホの料金も格安になります。月額500円〜1,000円ほどの割引が、携帯会社を変えない限りずっと続くので、自分のスマホに合わせて選ぶのもおすすめです。

加えて、通信速度の速さもチェックしておけば、インターネットを快適に利用できますよ。これらのポイントを比較した上で、自分にぴったりの光回線を探してみてください。

アパートでおすすめの光回線を徹底比較!

アパートでおすすめの光回線を比較

今回はアパートで利用できる光回線の中でも、基本料金が安く、工事費用も無料になるところを比較してみました。

基本的に、NTTのフレッツ光回線が導入されているアパートであれば、光コラボがおすすめです。スマホ割引やキャンペーンが適用されるので、フレッツ光よりもお得に契約できます。

頻繁にゲームをしたり、動画をみたりする方であれば、速度の速いNURO光も良いでしょう。ただし導入済みのアパートが少なく、提供エリアも限られているので、事前の確認が必要です。

アパートの回線基本料金工事にかかる費用スマホセット割引通信速度
ドコモ光
(光コラボ)
NTTの光回線
(フレッツ光)
4,000円15,000円
(実質無料)
ドコモ最大1Gbps
BIGLOBE光
(光コラボ)
NTTの光回線
(フレッツ光)
3,980円27,000円
(実質無料)
au最大1Gbps
ソフトバンク光
(光コラボ)
NTTの光回線
(フレッツ光)
3,800円24,000円
(実質無料)
ソフトバンク最大1Gbps
auひかりauひかり回線3,400円〜30,000円
(実質無料)
au最大1Gbps
NURO光NURO光回線4,743円40,000円
(実質無料)
ソフトバンク最大2Gbps

アパートの光回線は戸建て料金?それともマンションタイプ?

アパートの料金プラン

一般的にアパートの光回線では、マンションタイプの基本料金・工事費用が適用されます。ただし、アパートが3世帯以下の物件であれば、戸建てに分類されてしまうので注意しましょう。

マンションタイプは「居住者で回線を分け合って利用する」という仕組みで、料金が安く設定されています。そのため、世帯数によっては料金が変動したり、戸建て料金になってしまうのです。

アパートの回線料金が安い理由

また管理人から許可をもらって、自分の契約したい光回線に申し込むときも、戸建て料金が適用されます。

この場合、一室だけ別タイプの光回線を引き込むことから、アパートでも個人契約の扱いになるので注意してください。

インターネット完備のアパートなら光回線が無料!しかし速度は遅め

インターネット完備のアパート

レオバレスの「レオネット」など、一部のアパートでは、インターネットが完備されています。この場合、ネット回線がすでに導入されているため、無料で利用することが可能です。

ただし無料で使えるネット回線は、光回線より速度が遅いこともあります。また、スマホ割引やキャンペーンが利用できないというデメリットもあります。

特にスマホ割引は、スマホ利用者が多いほどお得になる仕組みです。通信速度の速い光回線を、格安で使えるケースもあるので、家族でアパートに暮らす場合は、ぜひ一度検討してみてください。

アパートで光回線を利用するための工事について

アパートの回線工事

すでに導入されているアパートでも、室内で回線工事を行うことがあります。光回線の事業者から、「無派遣工事」と言われれば問題ありませんが、何も言われなかった場合は立ち会いが必要です。

申し込みから開通までの工事期間は、平均1ヵ月程度になります。早ければ2週間ほどで終わりますが、引越しシーズンの2〜4月ごろだと、2ヶ月以上かかることもあるので注意してください。

またアパートの回線工事費用は、おおよそ15,000円〜30,000円です。光回線の導入状況によっては、安くなる場合もあるので、担当者に確認してみましょう。

アパートに
導入済み
1、共有スペース(MDF質)から部屋へ接続
2、室内で通信機器を設置する
3、通信機器を接続する
アパートに
導入されていない
1、電柱から光回線を引き込む
2、共有スペース(MDF室)から部屋へ接続
3、室内で通信機器を設置する
4、通信機器を接続する

アパートで回線工事できない・速度が遅い場合は?

アパートで使えないとき

もしアパートで光回線の工事ができない場合は、別の光回線も検討してみましょう。インターネットの通信速度も、改善される可能性があります。

また、光回線以外の方法を探してみるのも良いかもしれません。たとえばコンセントに差すだけの「ホームルーター」なら、工事不要でインターネットを利用できます。

アパートで一人暮らしの方なら「ポケットWi-Fi」もおすすめです。ただし光回線とは違い、使いすぎると通信制限になってしまうので、ヘビーユーザーの方は気をつけましょう。

ホームルーター工事不要の置き型Wi-Fiルーター
例:Softbank Airなど
ポケットWi-Fi家でも外でも使えるモバイルルーター
例:WiMAXなど

これも確認!アパートの光回線を解約するときの注意点

アパートから退去するときの注意点

アパートを退去する際には、光回線を解約することになります。更新期間であれば費用はかかりませんが、途中で解約すると、違約金を支払うことになるので注意が必要です。

また工事費用が分割払いで、まだ残っている場合には、解約のタイミングで請求されてしまいます。特に60回払いのauひかりなど、分割回数の多いところは、事前に確認しておきましょう。

ちなみにアパートの光回線は、そのまま残しておいても問題ありません。ただし、管理人から元通りにするよう言われた場合は、撤去工事の申し込みをしてください。

光回線をアパートで使うときの確認事項まとめ

今回は、アパートで光回線を使うときのポイントをまとめてみました。

戸建ての契約と比べて、アパートの光回線は、確認事項がたくさんあります。なので申し込みのタイミングで、アパートの管理人・大家・不動産業者に聞いておきましょう。

もし選ぶときに迷ってしまったら、スマホ割引のある光回線がおすすめです。アパートでの利用料金が格安になるので、コスパ良くインターネットを使えますよ。

またアパートを退去・解約するときにも、注意する必要があります。損をしないためにも、ぜひここで紹介した内容を参考にしてみてください。