光回線

【20社比較】光回線の工事費用まとめ!工事費無料の条件には要注意

光回線の工事費用を比較

回線工事にかかる費用は、契約する光回線や、自宅のタイプによって異なります。

そこで今回は、全20社の光回線を調査して、工事費用がどれくらいかかるのかを比較してみました!

また一部の光回線では、「工事費無料キャンペーン」を実施しています。しかし解約時に工事費用の支払いが発生する場合もあるので、注意が必要です。

光回線の工事費用で損をしないためにも、ぜひここで紹介する内容を参考にしてみてください。

光回線20社の工事費用を徹底比較!

光回線20社の工事費用

光回線は、戸建てかマンションかによって、回線工事にかかる費用が異なります。

なのでここでは、光回線20社分の工事費用と、おおよその目安についてまとめてみました。

戸建て
工事費用
マンション
工事費用
フレッツ光18,000円15,000円
ドコモ光18,000円15,000円
auひかり37,500円30,000円
BIGLOBE光30,000円27,000円
NURO光40,000円40,000円
ソフトバンク光24,000円24,000円
So-net光24,000円24,000円
ぷらら光18,000円15,000円
@nifty光18,000円15,000円
OCN光18,000円15,000円
エキサイト光18,000円15,000円
楽天ひかり18,000円15,000円
DTI光18,000円15,000円
朝日ネット光18,000円15,000円
U-NEXT光24,000円24,000円
eo光27,000円物件による
コミュファ光25,000円25,000円
メガ・エッグ35,000円35,000円
ピカラ光25,000円
(初期費用)
25,000円
(初期費用)
BBIQ2,000円2,000円

戸建ての工事費用は「18,000円〜40,000円前後」

戸建ての回線工事費用

戸建てタイプ場合、多くの光回線で、工事費用が18,000円に設定されていました。フレッツ光やドコモ光などが当てはまります。

ただし光回線によっては、工事費用が40,000円かかるところもありました。なので、工事費無料キャンペーンを実施しているところがおすすめです。

工事費用が0円になれば、初期費用や月々にかかる費用を抑えられます。なので、もともとの工事費用が高くても、結果的に格安で光回線を契約できます。

マンション・アパートの工事費用は「15,000円〜30,000円前後」

マンションの回線工事費用

マンション・賃貸アパートのような集合住宅では、戸建てよりも安く設定されています。一部で例外もありますが、光回線の工事費用は、おおよそ15,000円〜30,000円前後です。

またマンション・アパートの光回線でも、工事費無料キャンペーンを利用できます。戸建てプランと適用条件が変わる場合もあるので、一度チェックしてみると良いでしょう。

ちなみに、すでに光回線が導入されているマンションなら、工事なしで契約できる可能性もあります。光回線の工事が必要なのかは、マンションの管理人や不動産の方に確認してみてください。

引っ越し・移転のときにかかる光回線の工事費用は?

移転や引っ越しの工事費用

新規で契約するときの費用と比べると、引っ越し・移転のときにかかる工事費用はお得です。特に、マンションやアパートに引っ越すと、光回線に必要な「光コンセント」が設置されていることもあります。

この場合の工事は、工事担当者が派遣されない「無派遣工事」のみになります。そのため、工事費用はおおよそ2,000円です。

また引っ越し先によっては、前の住人が光回線を使っており、撤去されずにそのまま残っているケースもあるでしょう。その場合は、工事費が無料になる可能性もあります。

光回線を乗り換えるときに工事費用はかかる?

乗り換えの工事費用

光回線を乗り換えるにかかる工事費用は、現在契約している光回線と、乗り換え先の光回線によって変わってきます。

フレッツ光や、ドコモ光・ソフトバンク光などの「光コラボ」同士で乗り換える場合、工事費用はかかりません。どちらも同じケーブルを利用しているので、そのまま使うことができます。

一方、独自の回線を導入しているauひかり・NURO光に乗り換えるときは、工事が必要になります。この場合、新規契約の扱いになり、工事費用がかかってしまうので注意してください。

工事費用の支払いは一括?それとも分割?

工事費用の支払い

工事費用の支払い方法については、基本的に24回〜60回の分割払いになっている光回線がほとんどです。またフレッツ光のように、一括払いと分割払いを選択できるところもあります。

どちらの支払い方法を選んでも、工事費用の総額は変わりません。なので、自分にとって都合の良い方法で契約すると良いでしょう。

ちなみに、光回線の工事費無料キャンペーンは、毎月にかかる工事費用が割引される仕組みになっています。そのため、公式サイトでは「実質無料」と表記されています。

工事費無料の光回線ならお得!迷ったときのおすすめは?

工事費無料のおすすめ光回線

全20社を比較したところ、半数以上の光回線で、工事費用が無料になりました。そのため、どこが1番お得なのか、迷ってしまうかもしれません。

その場合は、「自分のスマホが割引される光回線」がおすすめです。光回線のスマホ割引は、携帯会社を変えない限りずっと続くので、実質料金が格安になります。

特に工事費が無料で、ドコモ・ソフトバンクのスマホ割引も適用される光回線は、一部に限られていました。なので、ドコモユーザーとソフトバンクユーザーは、選ぶときに注意してください。

戸建ての回線工事費用マンションの工事費用こんな人におすすめ
ドコモ光18,000円
(一括で割引)
15,000円
(一括で割引)
ドコモスマホを利用している方におすすめ
auひかり37,500円
(625円×60回割引)
30,000円
(1,250円×24回割引)
auスマホを利用している方におすすめ
BIGLOBE光30,000円
(750円×40回割引)
27,000円
(675円×40回割引)
auひかりの提供エリア外に住んでいる
auユーザーにおすすめ
NURO光40,000円
(1,333円×30回割引)
※初月のみ1,351円
40,000円
(1,333円×30回割引)
※初月のみ1,351円
ソフトバンクスマホを利用している方におすすめ
ソフトバンク光24,000円
(1,000円×24回割引)
24,000円
(1,000円×24回割引)
NURO光の提供エリア外に住んでいる
ソフトバンクユーザーにおすすめ

【要注意!】工事費無料の光回線でも損をする場合がある

解約する時の工事費用

工事費無料の光回線は、ほとんどの場合、毎月の工事費用が割引されるようになっています。つまり24回払いなら2年間、36回払いなら3年間で、完全に無料になる仕組みです。

なので、工事費用が無料になる前に解約してしまうと、残りを支払う必要があります。

特に60回払いのauひかりは、5年以上使わないと無料になりません。契約プランは3年更新ですが、最初の3年で解約すると、残り2年分の工事費用を支払う必要があるので注意してください。

割引金額残りの工事費用
auひかり
3年目
-22,500円15,000円
解約の場合は支払う
auひかり
5年目以降
-37500円0円
解約時の支払いなし

解約するときに撤去するための工事費用を支払うことも

撤去工事費用の確認

光回線を解約する場合、工事した箇所はそのままになります。希望をすれば、光回線の撤去もできますが、工事費用がかかる場合もあるので注意が必要です。

撤去工事の費用はおおよそ10,000円で、無料で対応してもらえるところもあります。光回線を残しても問題はないので、特に気にならなければそのままでも良いでしょう。

ただしマンションや賃貸アパートの場合、回線を撤去して元通りにするよう、管理人から言われることもあります。なので一応、光回線の工事をする前に確認おくのがおすすめです。

光回線の工事にかかる費用まとめ

今回は、光回線の工事でかかる費用について紹介しました。

全20社の光回線を比較したところ、工事費用はおおよそ15,000円〜40,000円でした。なので、無料キャンペーンを実施しているところで契約するのがおすすめです。

ただし途中で解約してしまうと、損をする場合もあります。また解約する際に、撤去工事費用がプラスされる場合もあるので、管理人に一度確認しておくと良いでしょう。

工事費用がお得な光回線を探している方は、ぜひここで紹介した内容を参考にしてみてください。

工事不要の光回線
工事不要で光回線は使える!3つの方法と工事しない人向けのWi-Fiも【プロがわかりやすく解説】戸建てやアパート・マンションでも、光回線を工事なしで使える場合があります。ここでは光回線が工事不要かどうかを確認するポイントをまとめました。また工事をしない人向けに、工事不要で使えるWi-Fiも一緒に紹介しています。...