光回線

【初心者向け】IPv6とは何かわかりやすく解説!簡単にできる確認方法も

IPv6の解説

IPv6対応の光回線だと、インターネットの通信速度が速くなります。しかしIPv6に対応していても、速度が変わらない場合もあるので注意が必要です。

そのため、まずは仕組みを正しく理解することが重要になります。そこで今回は、IPv6とは何かの意味を解説しながら、通信速度を上げるためのポイントをまとめてみました。

初心者向けに、わかりやすい言葉を使って説明しているので、ぜひ参考にしてみてください。

IPv6とは「インターネット通信に関するルール」の最新版

IPv6の仕組み
IPv6とは?

IPv6:Internet Protocol Version 6
インターネット プロトコル バージョン6

インターネットで通信するためのルール。現在はバージョン4(IPv4)で、バージョン6は最新版に当たる。

また、このルールに対応している光回線で通信すると、通信速度が速くなる。

IPv6(アイピーブイ6)とは、「IP(インターネットプロトコル)」のバージョン6のことを指しています。

インターネットプロトコルとは「インターネット上で、どのようなデータを、どのように送るかを取り決めたルール」のことです。このルールを守らないと、インターネットで通信できません。

そして、現在の主流として利用されているのが、バージョン4の「IPv4」になります。つまりIPv6は、インターネット通信に関するルールの最新版ということです。

インターネットが快適に!IPv6対応のメリットとは?

IPv6のメリット

IPv6に対応した光回線を利用すると、「回線が混雑しにくい」というメリットがあります。その理由を「IP=道路」に例えて考えてみましょう。

現在利用されているIPv4のイメージは、「あまり舗装されていない1車線の道路」です。車(ユーザー)が増えると、渋滞してスピードが出なくなってしまいます。

IPv6をイラストで説明

一方、新しいIPv6のイメージは、「しっかりと舗装された複数車線の道路」です。車線が増えたことにより、車(ユーザー)が増えても混雑しにくく、快適に進むことができます。

つまり、IPv6に対応している光回線を選ぶと、通信速度が速くなり、電波も安定しやすくなるのです。

また難しい設定がないので、誰でも簡単にIPv6を利用できるところもポイントになります。

ただしIPv6にはデメリットもある

IPv6のデメリット

インターネットを快適に利用できるIPv6ですが、デメリットもあります。

まず前提として、IPv6に対応した光回線・ルーター機器の両方が必要です。「ルーターが対応しておらず、IPv6で通信できない」という事例はよくあります。

また一部のオンラインゲームは、IPv4にしか対応していません。「IPv6対応なのに通信速度が遅いままだった」というケースもよくあるので、注意してください。

実は簡単!IPv6で接続できているかを確認する方法

IPv6の確認方法

自分のパソコンがIPv6で接続できているかは、「test-ipv6.com」というサイトで確認できます。クリックすると、すぐに結果が出るので、気になる方は調べてみると良いでしょう。

また、スマホやパソコンの設定画面から確認する方法もあります。NTTドコモから、スマホ・パソコン別の操作方法がまとめてられているので、ぜひ一度試してみてください。

参照:NTTドコモ「IPv6開通状況・IPv6アドレス確認方法

なぜネットが快適に?現在のIPv4とIPv6の違いを解説

IPv6とIPv4の違い

IPv6にすると、なぜ回線が混雑しにくいのか。その理由は、「IPアドレスの数」に違いがあります。

IPアドレスとは、インターネット上の住所のようなものです。あなたが利用しているスマホ・パソコンにも、IPアドレスが自動的に割り当てられています。

そして現在の規格のIPv4だと、IPアドレスの数が枯渇しそうで、ユーザーに振り分けられなくなることが問題でした。そこでIPアドレスの数を増やした、IPv6が誕生したというわけです。

IPv6は事実上、ほぼ無限にIPアドレスを振り分けることができます。その余裕ができたことで、IPv4よりもストレスなく、インターネットを楽しめる仕組みになっています。

IPアドレスの数現状
IPv4
(従来版)
約43億個枯渇しそう
回線も混雑しやすい
IPv6
(最新版)
約340澗
(340兆の1兆倍の1兆倍)
ほぼ無限に使える
回線も混雑しにくい

注意!インターネットの接続方式によってはIPv6でも速度が遅い

IPv6で遅い場合

実はIpv6に対応していても、通信速度が変わらない場合があります。それは、インターネットの接続方式が原因です。

インターネットの接続方式にも、従来の「PPPoE接続」と、最新の「IPoE接続」が用意されています。そして、IPv6で通信速度を上げるには、最新の「IPoE接続」が必要です。

一方、IPv6対応であっても、従来の「PPPoE接続」では意味がありません。最大の通信速度が制限されているため、遅いままになってしまいます。

「IPv6 IPoE接続」になっている光回線は、このあとに紹介しています。選ぶときには参考にしてみてください。

IPv4IPv6
PPPoE
(従来版)
通信速度は遅い通信速度は遅い
IPoE
(最新版)
存在しない速くて快適

これも確認!光回線の「v6プラス」とIPv6の違いとは?

IPv6とv6プラスの違い

光回線の公式サイトによっては、IPv6ではなく「v6プラス」と表記されているところもあります。どちらも高速で通信できますが、意味は少し異なります。

そもそもv6プラスとは、接続サービスの名前です。日本ネットワークネイブラー株式会社が提供しているもので、「IPv6・IPoE接続・IPv4 over IPv6」に対応しています。

IPv6と同じように、一部のオンラインゲームができないなどのデメリットもありますが、回線が混雑しにくい点では同じなので安心してください。

IPv6に対応した光回線はどこ?おすすめを紹介!

IPv6対応の光回線

主要な光回線では、「IPv6 IPoE接続」か「v6プラス」に対応しています。もしどれにしようか迷ってしまったら、NURO光かドコモ光がおすすめです。

NURO光の通信速度は、ほかの光回線の約2倍で、最大2Gbpsを記録しています。提供エリアは限られていますが、ユーザーからも高く評価されている光回線です。

またドコモ光は、NTTのフレッツ光と同じ回線を使っています。契約先(プロバイダ)によって速度が異なりますが、なかでもGMOとくとくBBは、全国トップクラスの速さでした。

通信速度の速い光回線を探している方は、ぜひこの2つをチェックしてみてください。

光回線IPv6接続対応
ドコモ光
(GMOとくとくBB)
v6プラス
auひかりIPv6 IPoE + IPv4
BIGLOBE光IPv6 IPoE + IPv4
NURO光IPv6 IPoE + IPv4
ソフトバンク光IPv6 IPoE + IPv4

IPv6とは何か覚えておきたいポイントまとめ

ここでは、IPv6の意味や仕組みについて解説しました。

IPv6に対応している光回線のプロバイダを選ぶと、通信速度が速くなる・安定するなどのメリットがあります。

ただし、インターネットの接続方式や、ルーター機器によっては、速度が変わらない場合もあるので注意が必要です。

もし迷ってしまったら、ここで紹介した光回線がおすすめです。どれもIPv6に対応しているので、通信速度にもこだわりたい方は、ぜひ参考にしてみてください。