光回線

【完全ガイド】マンションで光回線を使うなら!確認するポイントと選び方

マンションの光回線のポイント

光回線のマンションプランは、戸建てよりも安いのが特徴。しかし、契約するときの確認事項が多くなるため、注意が必要です。

またマンションプランは、料金システムが複雑になるので、「戸建てのお得な光回線=マンションでもおすすめ」とは限りません。

そこで今回は、マンションで契約するためのチェック項目を紹介しながら、おすすめの光回線を比較してみました!選び方のポイント・注意点もまとめているので、ぜひ参考にしてみてください。

契約前に確認!マンションに光回線を引くときのチェック項目

マンションの光回線で確認すること

光回線でマンションを利用する場合、まずはインターネット環境がどうなっているのかを確認する必要があります。

ここでは、マンションの管理人や不動産会社に、光回線について聞いておきたいポイントをまとめてみました。クリックすると、該当箇所へ移動します。

光回線がマンションに導入済みか

マンションの回線導入状況

マンションに光回線が導入されていれば、その回線に契約することが可能です。ただし、回線の種類によって、契約先も異なります。

なのでまずは、「光回線の導入状況」と「導入されている回線の種類」を確認しておきましょう。ちなみに、フレッツ光回線が利用できれば、光コラボにも契約できますよ。

もしマンションに光回線が引き込まれていない、または別の光回線を利用したい場合は、事前に回線工事をする必要があります。

光コラボとフレッツ光は、同じ回線を利用しています。つまり、フレッツ光に対応しているマンションなら、光コラボも契約可能です。

※光コラボ:ドコモ光、ソフトバンク光、BIGLOBE光、So-net光など

光回線の導入状況利用できる光回線
NTTの光ファイバー
(フレッツ光)が導入済み
フレッツ光
ドコモ光・ソフトバンク光など
auひかりが導入済みauひかり
NURO光が導入済みNURO光
その他の回線が導入済み
(ケーブルテレビ回線など)
導入されている光回線による
アパートに光回線がない
別の光回線を利用したい
管理人や大家への相談が必要

マンションで光回線の工事をするか

マンションが工事済みか

基本的に、マンションで光回線を使うときは、回線工事を行います。しかし、部屋の中に「光コンセント」があれば、工事なしで利用することもできます。

光コンセントとは、光回線と通信機器を繋ぐために、工事で設置されるものです。「光」の文字が目印で、前の住人が使っていれば、そのまま残っている可能性があります。

光コンセントの例
出典:ソフトバンク光:「開通工事の流れ

光コンセントがない場合は、マンションに導入されている光回線を、部屋まで引き込む工事が必要になります。工事自体は、30分〜1時間ほどで終わる簡単なものです。

当日は立ち会いが必要になるので、予定のあいている日に申し込みをしましょう。もし「無派遣工事」と言われれば、立ち会いなしで工事は完了しますよ。

光回線の工事状況光回線の工事の有無
回線が部屋まで引いてある
(光コンセントがある)
工事なしで光回線が使える
部屋に引かれていない
(光コンセントがない)
簡単な工事してもらう必要がある
アパートに光回線がない
別の光回線を利用したい
管理人や大家への相談が必要

管理人・大家に工事の許可が必要か

マンションの管理人の許可が必要か

光コンセントが設置されていて、部屋まで光回線が引いてあれば、工事済みの状態です。なので管理人や大家から、許可をもらう必要ありません。

またマンションには導入済みで、部屋までは引かれていない状態でも、工事の許可は不要です。ただし、念のために確認しておくと、退去時のトラブルを防止できますよ。

一方、マンションに導入されていない場合や、別の光回線を引きたい場合は、工事で穴をあけたりする可能性があります。そのため、管理人や大家の許可がないと工事はできません。

光回線の工事状況管理人・大家の許可
回線が部屋まで引いてある
(光コンセントがある)
許可なしで利用できる
部屋に引かれていない
(光コンセントがない)
念のため許可をもらうと安心
アパートに光回線がない
別の光回線を利用したい
事前の許可が必要

どこで契約するとお得?マンションで使う光回線の選び方

マンションで光回線の選び方

戸建てタイプとは違い、マンションタイプの光回線は、物件ごとに料金が異なる場合があります。なのでまずは、基本料金の安さを確認するようにしましょう。

またスマホ割引のある光回線を選べば、月額500円〜1,000円の割引がずっと続きます。対象となるスマホは、契約先ごとに異なるため、スマホに合わせて決めるのもおすすめです。

さらに通信速度の速さや安定性にもこだわれば、インターネットを快適に楽しめますよ。これらのポイントを比較した上で、自分にぴったりの光回線を探してみてください。

徹底比較!マンションでおすすめの光回線を紹介

マンションの光回線を比較

ここでは、マンションタイプの料金が安く、通信速度の速いおすすめ光回線をまとめてみました。

基本的に、NTTのフレッツ回線が利用できるのであれば、光コラボがおすすめです。光コラボはフレッツよりも基本料金が安く、キャンペーンも充実しています。

また頻繁にゲームをしたり、動画を楽しみたい方には、速度の速いNURO光もおすすめです。NURO光が導入されているマンションは少なめですが、最安で利用できますよ。

アパートの回線基本料金工事費用スマホセット割引通信速度
ドコモ光
(光コラボ)
NTTの光回線
(フレッツ光)
4,000円15,000円
(実質無料)
ドコモ最大1Gbps
BIGLOBE光
(光コラボ)
NTTの光回線
(フレッツ光)
3,980円27,000円
(実質無料)
au最大1Gbps
ソフトバンク光
(光コラボ)
NTTの光回線
(フレッツ光)
3,800円24,000円
(実質無料)
ソフトバンク最大1Gbps
auひかりauひかり回線3,400円〜30,000円
(実質無料)
au最大1Gbps
NURO光NURO光回線4,743円
導入マンションなら1,900円〜
40,000円
(実質無料)
ソフトバンク最大2Gbps

光回線のマンションタイプはなぜこんなに安い?

マンションタイプが安い理由

光回線のマンションタイプが、戸建てより安い理由は、「マンションの配線方式」にあります。

基本的に戸建てでは、1世帯で1本の光回線を利用します。しかしマンションタイプでは、全世帯で1本の光回線を共有しているので、料金が安く設定されているのです。

マンションの光回線の構造

しかし全世帯の光回線を共有すると、通信速度が遅くなるリスクもあります。特にアクセスが集中する夜の時間帯は、繋がりにくいと感じるかもしれません。

もし速度が気になる際には、許可をもらうことで、別の光回線に直接契約することも可能です。この場合は、マンションでも個人契約の扱いになり、戸建て料金になるので注意してください。

マンションの配線方式は「光配線方式」がおすすめ

マンションの配線方式

光回線の配線方式は全部で3つあり、マンションごとに異なります。

どの配線方式が用いられているかによって、最大通信速度が変わるので、契約する前にチェックしておきましょう。

1番のおすすめは「光配線方式」です。この方式で分配されていれば、通信速度が最大1Gbpsになるので、クオリティが高い状態でインターネットを利用できます。

光配線方式
出典:フレッツ光東日本公式サイト「集合住宅の導入工事と配線方式について

LAN方式の場合、マンションに光回線が引き込まれていますが、各部屋まではLANケーブルで分配されています。同様にVDSL方式だと、各部屋までアナログの電話線で繋がれています。

特にVDSL方式は、最大通信速度が100Mbpsに下がってしまうので注意が必要です。また接続する部分も、光コンセントではなく、以下のようなものになっています。

配線方式の見分け方

ちなみに最大100Mbpsという速度について、普通にネットを利用する分には問題ないでしょう。

ただしゲームや動画を楽しみたい方にとっては、不便に感じるかもしれません。

配線方式通信速度
光配線方式最大1Gbps
(100Mbpsの場合もある)
LAN方式最大100Mbps
VDSL方式最大100Mbps

インターネットが無料で使えるマンションも!ただし速度は遅め

インターネット完備のマンション

賃貸マンションの中には、すでに光回線が自宅まで導入済みで、無料で使えるところもあります。たとえば、レオパレスの「レオネット」などがこれに当たります。

ただしマンションの配線方式・光回線の種類によって、通信速度が遅くなってしまうことも。またスマホ割引が適用されないデメリットもあるので、一概におすすめはできません。

特にスマホ割引は、スマホ利用者が多いほどお得になる仕組みです。通信速度の速い光回線もお得になるので、家族でマンションに暮らす場合は、ぜひ検討してみてください。

※厳密には、マンションの共益費に光回線の利用料金が含まれており、完全無料というわけではありません。

マンションで実施する光回線の工事について

マンションの工事費用と期間

マンションには、光回線の共有スペース(MDF室)という部屋があり、そこから各部屋へ光回線が分配されます。そのため工事内容も、戸建ての場合と少し異なります。

すでに光回線が導入されているマンションでは、以下の流れで工事が行われます。

電柱からの引き込み工事がないので、マンションでの回線工事は、おおよそ30分〜1時間で終わるでしょう。

ただし光回線が導入されていない場合や、別の光回線を契約する場合は、おおよそ1時間半~3時間程度かかります。

どちらのパターンでも、工事当日は契約者、または代理人の立ち会いが必要です。また予約は取りづらく、申込みから最短2週間、長くて1ヵ月以上先の工事となります。

ちなみにマンションの工事費用は、おおよそ15,000円〜30,000円です。光回線の導入状況によって、安くなる場合もありますが、工事費が無料になるところなら安心して契約できます。

マンションで回線工事ができない・速度が遅い場合は?

マンションで工事できないとき

もしマンションで光回線の工事ができない場合は、別の光回線も検討してみましょう。通信速度も、改善される可能性があります。

また、光回線以外の方法を探してみるのも良いでしょう。この場合は、ホームルーターとポケットWi-Fiが選択肢になります。

自室でWi-Fiを使いたい方には、ホームルーターがおすすめです。端末をコンセントに差すだけで利用できるので、工事ができないマンションでも使えます。

外でもWi-Fiを使いたいのであれば、ポケットWi-Fiを検討してみましょう。通信制限になる場合もありますが、マンションで一人暮らしをしている方なら、問題なく使えますよ。

ホームルーター工事不要の置き型Wi-Fiルーター
例:Softbank Airなど
ポケットWi-Fi家でも外でも使えるモバイルルーター
例:WiMAXなど

これも確認!マンションで光回線を解約するときの注意点

マンションから退去するときの注意点

マンションを退去するタイミングでは、光回線の解約をする必要があります。更新月であれば無料ですが、それ以外だと違約金がかかってしまうので注意が必要です。

また工事費用が分割払いで、解約するときに支払い途中の場合、残りの金額を請求されてしまいます。なので事前に、何回払いになっているのか、確認しておくようにしましょう。

ちなみにマンションの光回線は、そのまま残しておいても問題ありません。ただし、管理人から元通りにするよう言われた場合は、撤去工事の申し込みをしてください。

光回線をマンションで使うときの確認事項まとめ

今回は、マンションで契約するときのチェック項目や、おすすめの光回線などを解説しました。

戸建ての契約と比べて、マンションの光回線は、確認すべきポイントがたくさんあります。損をしないためにも、管理人・大家・不動産会社へ連絡するようにしましょう。

マンションの場合は、回線工事がすぐに終わるため、比較的早くインターネットが使えるようになりますよ。

ただしマンションタイプの料金システムが複雑で、選ぶときや解約するときにも注意点が必要です。なので、ぜひここで紹介した内容を参考にしてみてくださいね!