光回線

【検索結果一覧】光回線のエリアを確認!エリア外でWi-Fiを使う方法も

光回線のエリア一覧

日本全国に対応している光回線ですが、一部エリアでは提供していません。

そこで今回は、光回線の提供エリアを地域ごとにまとめてみました。自分が住んでいる都道府県をチェックすれば、対応している光回線を確認できるようになっています。

また提供エリアを確認する検索サイトも、一緒に紹介しているので、ぜひ参考にしてみてください。光回線を申し込む前に確認しておくと、スムーズに契約できますよ。

【まず確認】1番エリアが広い光回線はフレッツ光!カバー率95%以上

フレッツ光のエリア

調べてみたところ、1番提供エリアの広い光回線はフレッツ光でした。日本でのカバー率は95%以上で、ほぼ全国で契約することができます。

またフレッツ光から回線を借りている光回線「光コラボ」も、同様に提供エリアが広く、ほぼ全国で利用可能です。

一方で独自の回線を用いている光回線や、電力会社が運営している光回線は、提供エリアが限られていました。これらの情報を確認した上で、自分が住んでいる地域をチェックしてみると良いでしょう。

特徴提供エリア回線事業者の例
フレッツ光回線NTT東日本/西日本が運営しているほぼ日本全国に対応しているフレッツ光
光コラボフレッツ光の回線を借りて運営しているほぼ日本全国に対応しているドコモ光
ソフトバンク光
BIGLOBE光など
独自回線独自の回線を利用している一部のエリアでは使えないauひかり
NURO光
電力系
光回線
独自の回線を利用している提供エリアが限定的eo光
コミュファ光
メガ・エッグ
ピカラ光
BBIQ

【エリア別一覧】地域ごとに利用できる光回線を紹介!

ではここから、光回線の提供エリアを、都道府県ごとに紹介します。

自分の住んでいる地域をクリックすると、該当エリアに対応している光回線を確認できます。

北海道・東北エリアの光回線

北海道と東北エリアの光回線
北海道・フレッツ光
・ドコモ光(光コラボ)
・ソフトバンク光(光コラボ)
・auひかり
・NURO光
青森・フレッツ光
・ドコモ光(光コラボ)
・ソフトバンク光(光コラボ)
・auひかり
秋田
岩手
福島
山形
宮城

北海道・東北エリアでは、フレッツ光と光コラボに加えて、auひかりも契約できます。

また北海道は、2019年12月から、NURO光の提供エリア内になりました。NURO光は速度の速い光回線で、ソフトバンクのスマホ割引にも対応しています。

しかし北海道全域で利用できるわけではなく、一部地域に限定されているので、一度チェックしてみると良いでしょう。

関東エリアの光回線

関東エリアの光回線
東京・フレッツ光
・ドコモ光(光コラボ)
・ソフトバンク光(光コラボ)
・auひかり
・NURO光
神奈川
埼玉
千葉
茨城
栃木
群馬

関東エリアに対応している光回線は、フレッツ光・光コラボに加えて、独自回線のauひかり・NURO光です。

マンションや賃貸アパートに住んでいる方は、物件ごとに料金が異なるケースもあるので、事前に確認しておくことをおすすめします。

また集合住宅の場合、契約できる光回線が限られていることもあります。たとえば「auひかりは使えるのに、フレッツ光や光コラボは契約できない」という物件もあるので、注意してください。

中部(東海)エリアの光回線

中部・東海エリアの光回線
山梨・フレッツ光
・ドコモ光(光コラボ)
・ソフトバンク光(光コラボ)
・auひかり
・コミュファ光(長野県のみ)
長野
新潟
富山
石川
静岡・フレッツ光
・ドコモ光(光コラボ)
・ソフトバンク光(光コラボ)
・NURO光
・コミュファ光
愛知
岐阜
三重

中部エリアでは、フレッツ光と光コラボを利用できます。また住んでいる地域によって、独自回線や電力会社の光回線にも契約することが可能です。

特に東海地方は、NURO光の提供範囲内になっています。また電力会社が運営するコミュファ光も、東海地方と長野県が対象エリアです。

一方、auひかりのホームタイプ(戸建て用プラン)は、提供エリア外になっていました。

関西エリアの光回線

関西エリアの光回線
和歌山・フレッツ光
・ドコモ光(光コラボ)
・ソフトバンク光(光コラボ)
・auひかり
・eo光(関西地方のみ)
大阪・フレッツ光
・ドコモ光(光コラボ)
・ソフトバンク光(光コラボ)
・auひかり
・NURO光
・eo光(関西地方のみ)
京都
兵庫
奈良
滋賀

関西エリアでは、フレッツ光・光コラボ・NURO光を利用できます。ただし和歌山県のみ、NURO光の対象エリア外なので、注意が必要です。

また関西エリアでは、eo光を契約することもできます。auスマホが割引される「auスマートバリュー」にも対応しているので、auユーザーは確認してみると良いでしょう。

ちなみにこちらも、auひかりのホームタイプ(戸建て用プラン)は、提供エリアの範囲外です。マンションタイプなら展開されていますが、エリアは限定的でした。

中国エリアの光回線

中国エリアの光回線
広島・フレッツ光
・ドコモ光(光コラボ)
・ソフトバンク光(光コラボ)
・auひかり
・メガ・エッグ(中国地方のみ)
岡山
島根
鳥取
山口

中国地方で対応している光回線は、フレッツ光や光コラボ、auひかりです。

ちなみに一部の地域は、中国電力が運営するメガ・エッグの提供エリアになっています。メガ・エッグも、auスマートバリューに対応している光回線の1つです。

ただし中国地方なら、auひかりも契約できます。どちらもauスマホが割引されますが、料金や通信速度を比較すると、メガ・エッグの方が劣ってしまうでしょう。

四国エリアの光回線

四国エリアの光回線
香川・フレッツ光
・ドコモ光(光コラボ)
・ソフトバンク光(光コラボ)
・auひかり
・ピカラ光(四国地方のみ)
愛媛
徳島
高知

四国エリアでは、フレッツ光や光コラボ、auひかりを契約することができます。

また四国電力が運営するピカラ光も、提供エリアの範囲内です。ピカラ光もauスマホが割引されるので、auユーザーならお得に利用できます。

ただしこちらも、auひかりと比べてみると、総合的なコスパでは劣っていました。なのでauユーザーには、まずauひかりをおすすめします。

九州・沖縄エリアの光回線

九州・沖縄エリアの光回線
福岡・フレッツ光
・ドコモ光(光コラボ)
・ソフトバンク光(光コラボ)
・auひかり(九州地方のみ)
・NURO光
・BBIQ(九州地方のみ)
佐賀
長崎・フレッツ光
・ドコモ光(光コラボ)
・ソフトバンク光(光コラボ)
・auひかり(九州地方のみ)
・BBIQ(九州地方のみ)
熊本
大分
宮崎
鹿児島
沖縄

九州・沖縄エリアで使える光回線は、フレッツ光と光コラボです。また住んでいる地域によって、auひかりやBBIQにも契約することができます。

特にBBIQは、九州電力とのセット割引も用意されているので、自宅で九州電力を利用している方は、チェックしてみると良いでしょう。

また福岡県と佐賀県は、NURO光の提供エリアになっています。一部地域では使えない可能性もあるので、申し込む前に回線エリアを確認してみてください。

郵便番号・住所の入力で詳細にエリア検索ができる!

提供エリアを検索する方法

光回線の公式サイトでは、より詳細なエリア判定をすることができます。

自宅の住所や郵便番号を入力するだけで、申し込む前に検索しておくと、開通までスムーズに進むでしょう。

新規で光回線を契約したり、引っ越し先で利用する光回線を探している方は、ぜひ一度チェックしてみてください。

ちなみにフレッツ光や光コラボで、対応エリアを調べる際には、自宅が「東日本エリア」か「西日本エリア」か、事前に知っておく必要があります。

フレッツ光のエリア一覧
光回線エリア検索ページ
フレッツ光
光コラボ
・NTT東日本公式サイト
・NTT西日本公式サイト
auひかりauひかり公式サイト
NURO光NURO光公式サイト
eo光eo光公式サイト
コミュファ光コミュファ光公式サイト
メガ・エッグメガ・エッグ公式サイト
ピカラ光ピカラ光公式サイト
BBIQ(ビビック)BBIQ公式サイト

チェック判定でエリア外!自宅に光回線がこない理由と対処法

提供エリアの範囲外の場合

光回線の工事をするときは、電柱から自宅に光ファイバーケーブを引き込む必要があります。なので、電柱との距離が遠すぎたりすると「エリア外」と判定が出てしまいます。

チェック判定でエリア外が出たときは、その光回線を利用することはできません。特にフレッツ光・光コラボの光回線でエリア外だった場合、ほかの光回線でも使えない可能性があります。

なのでここでは、光回線のエリア外だったときに、Wi-Fiを使う方法についてまとめてみました。クリックすると該当箇所に移動します。

コンセントに差すだけの「ホームルーター」

ホームルーターを使う

光回線が契約できない状況でおすすめなのは「ホームルーター」です。

ホームルーターは、自宅のコンセントに差すだけでWi-Fiが使えるようになります。なので、光回線の工事ができない地域でも利用可能です。

また設置をするための工事も不要で、申込みからすぐに届きます。特にソフトバンクのホームルーター「SoftBank Air」なら、インターネットが無制限で、料金もお得に契約できますよ。

家でも外でも使える「ポケットWi-Fi」

ポケットWi-Fiを使う

ポケットWi-Fiは持ち歩きができ、家でも外でもWi-Fiが使えるところがポイントです。1台持っていれば、仕事や旅行のときに役立つでしょう。

特におすすめは、通信速度の速いWiMAXです。光回線やホームルーターには劣りますが、一人暮らしの方なら、ネットも動画も快適に楽しめますよ。

ちなみに無制限プランの他にも、1ヶ月で7GBまで利用できるライトプランも用意されています。料金も約3,000円〜4,000円と安く、動画をあまり見ない人にもおすすめです。

ケーブルテレビ回線を使った「CATV」

ケーブルテレビを使う

ケーブルテレビ回線は、光回線よりも先に、地方で普及していたネット回線です。そのため、光回線がこない田舎のエリアでも、利用できる可能性はあるでしょう。

ケーブルテレビ回線は、基本的にテレビサービスもセットになった契約プランです。なので、地上波やBS・CSなどのテレビ放送を楽しみたい人におすすめします。

しかし通信速度は、光回線よりも遅く、料金も高めの設定です。ネットを頻繁に使う方や、毎日のように動画を見る人には向いていないでしょう。

特にオンラインゲームをする場合は、どうしても回線が遅延してしまうので、ストレスを感じてしまうかもしれません。

光回線のエリア確認方法とエリア外の対処法まとめ

ここでは光回線の提供エリアと、確認する方法について紹介しました。

光回線は全国に対応していますが、今でも一部の地域では利用できません。なので申し込む前に、光回線の提供エリアについて確認しておくことをおすすめします。

また公式サイトでは、住所や郵便番号を入力すると、より詳細なエリアで検索できます。もし自宅が光回線の提供エリア外であれば、ホームルーターやポケットWi-Fiも検討してみてくださいね。