光回線

【完全版】光回線の乗り換え手順!全体の流れと失敗しやすい注意点も

光回線の乗り換え手順

光回線を乗り換えると、料金が安くなる・通信速度が改善されるなどのメリットがあります。ただし乗り換え方法は、現在利用している光回線によって異なるので注意が必要です。

そこで今回は、光回線の乗り換え手順についてまとめてみました!キャンペーン特典や、工事なしでお得に乗り換える方法も、一緒に紹介しています。

また新しい光回線では、利用中のサービスが使えなくなったり、解約違約金が発生する可能性もあります。このような確認ポイントも解説しているので、ぜひ参考にしてみてください。

流れを確認!光回線の乗り換え手順

乗り換え方法を解説

光回線の乗り換え手順は、「先に新しい光回線を契約してから、現在利用している光回線を解約する」という流れになります。

申し込みから利用開始までの期間は、おおよそ1ヵ月前後です。早ければ2週間ほどで終了しますが、引っ越しシーズンの3〜4月頃は混雑するので、2ヶ月以上かかる場合もあるでしょう。

また工事費用については、おおよそ15,000〜40,000円です。契約する光回線や、戸建て・マンションなどの状況によって大きく異なるので、しっかり確認しておきましょう。

工事不要になる場合も!お得に光回線を乗り換える方法

お得な乗り換え方法

現在利用している光回線によっては、乗り換え期間が短くなったり、料金が安くなったりする場合もあります。

ただし乗り換え方法は、先ほど紹介した手順と異なるので注意が必要です。間違えてしまうと、新規契約と同じ扱いになり、キャンペーンなども利用できなくなってしまいます。

それぞれ条件が決まっているので、お得に乗り換えができるのか、ぜひ一度チェックしてみてください。

フレッツ光から光コラボへ乗り換える【転用】

転用で乗り換える
転用に必要な期間・初期費用
乗り換え期間1〜2週間程度
回線工事費0円
事務手数料平均3,000円
フレッツ光の
解約金
0円
【クリックで確認】光コラボの例
  • ドコモ光
  • ソフトバンク光
  • So-net光プラス
  • @nifty光
  • DTI光
  • AsahiNet光
  • BIGLOBE光
  • @TCOM光
  • OCN光
  • U-NEXT光
  • IIJmioひかり
  • hi-ho光
  • 楽天ひかりなど

現在フレッツ光を利用していて、光コラボに乗り換えるときは「転用」と呼ばれる手続を行います。光コラボに当てはまるのは、ドコモ光・ソフトバンク光・BIGLOBE光などです。

転用する場合は、既に利用しているフレッツ光の回線をそのまま使います。なので基本的に、回線工事をする必要がありません。

また乗り換えにかかる期間も短く、おおよそ1週間〜2週間程度で移行が完了します。ちなみに転用承認番号には、15日間の有効期限があるので注意してください。

光コラボから光コラボへ乗り換える【事業者変更】

事業者変更で乗り換える
事業者変更に必要な期間・初期費用
乗り換え期間1〜2週間程度
回線工事費0円
事務手数料平均3,000円
解約金更新月:0円
更新月以外:約10,000円〜20,000円

現在光コラボを利用していて、別の光コラボへ乗り換えるときは「事業者変更」という手続きを行います。

事業者変更も、転用と同じく、回線工事の費用はかかりません。また利用開始までの期間も、おおよそ1週間〜2週間程度になっています。

ただし、乗り換えのタイミングによっては、契約中の光コラボの解約金が発生するので注意しましょう。また事業者変更承諾番号にも、15日間の有効期限があります。

光回線の契約先(プロバイダ)を乗り換える

光回線のプロバイダを乗り換える
プロバイダ変更に必要な期間・初期費用
乗り換え期間1週間程度
回線工事費0円
事務手数料平均3,000円
解約金更新月:0円
更新月以外:約2,000円〜5,000円

光回線ではなく、契約しているプロバイダだけ変更する場合も、お得に乗り換えることができます。(同じiPhoneのままで、ドコモからauに乗り換えるようなイメージです。)

乗り換え手順は簡単ですが、セキュリティソフトや設定サポートなど、契約中のサービスが使えない可能性もあるので注意してください。

また契約中のプロバイダを解約するときは、Webまたは電話で申し込みをします。ここでは主要プロバイダの問い合わせ窓口をまとめてみたので、乗り換えるときは参考にしてみてください。

【クリックで確認】主要プロバイダの連絡先
主要プロバイダ問い合わせ先一覧
BIGLOBE0120-86-0962
GMOトクトクBB0570-045-109
@nifty0570-03-2210
ASAHIネット0120-577-108
OCN0120-506-506
楽天ブロードバンド0800-600-0222
ぷらら0120-971-391
@TCOM0120-805-633
So-net0120-80-7761
DTI0570-00-4740

要チェック!光回線を乗り換える前の確認事項

乗り換え時の確認ポイント

新しい光回線に乗り換えると、契約内容が大きく変わる場合もあります。またタイミングによっては、違約金などを負担することになるかもしれません。

ここでは、光回線を乗り換える前のチェック項目をまとめてみました。損をしないためにも、しっかり確認しておきましょう。

基本料金の安さ・契約プランが異なるか

乗り換え後の料金と契約プラン

光回線を乗り換えると、まず基本料金の安さが変わります。特に月額割引でお得なところは、基本料金が高めで、割引キャンペーン終了後に損をしやすいので注意が必要です。

また契約期間や更新月が異なるケースもあります。更新月を勘違いしてしまうと、解約するときに余計な費用を支払うことになるので、しっかりチェックしておきましょう。

またWi-Fiルーターのレンタル料金や、セキュリティソフトの月額利用料なども、契約する光回線によってさまざまです。乗り換えしたときにどうなるのか、事前に確認しておいてください。

キャッシュバック・乗り換え費用負担などのキャンペーン

乗り換え先のキャンペーン内容

光回線によっては、乗り換えるときにキャンペーンが適用されます。キャッシュバックや乗り換え費用の負担など、特典内容はさまざまです。

特に違約金が発生する場合は、新しい光回線で乗り換えキャンペーンを実施しているか確認してみましょう。乗り換え費用が0円になるなら、解約のタイミングを気にする必要はありません。

ちなみに、乗り換えキャンペーンがお得な光回線は「ソフトバンク光」でした。他社回線からの乗り換え費用を、最大100,000円まで負担してくれますよ。

解約するときに違約金・その他費用を負担するか

利用している光回線の解約金

更新月以外で解約したときにかかる違約金は、おおよそ10,000円〜20,000円です。しかしそれ以外に、支払いが発生するケースもあります。

特に見逃しやすいのが、「工事費用の残り」です。光回線の工事費用は、基本的に24回〜60回の分割払いになっており、解約時に未払いがあると、残りを支払うことになります。

他にも、短期間で解約したときに発生するキャンペーン違約金や、回線の撤去工事費などがあります。「更新月のタイミングなら問題ない」というわけではないので注意してください。

電話やテレビなど利用できなくなるサービスがあるか

利用中のサービス

光回線を乗り換えると、現在利用しているサービスが使えなくなる場合もあります。よくある失敗談をいくつか挙げてみたので、参考にしてみてください。

特に気をつけるのは「固定電話サービス」です。移転・引っ越し先によっては、いまの電話番号が使えなくなってしまうので、乗り換え前に確認しておきましょう。

ちなみにメールアドレスに関しては、プロバイダによって、「月額300〜500円程度で解約後もそのまま使える」というサービスも用意されています。

光回線を乗り換える手順とタイミングに気をつける

乗り換えるときの注意点

光回線の乗り換えで気をつけることは、「乗り換え手順とタイミングを間違えないこと」です。

乗り換え手順を間違えてしまうと、インターネットを利用できない期間が発生するかもしれません。なので、以下の正しい手順を確認しながら、光回線の乗り換えをしましょう。

また転用・事業者変更で取得した番号には、15日間の有効期限があります。手続きをスムーズに進めるためにも、光回線を乗り換える直前で、発行してもらうのがおすすめです。

ちなみに、ソフトバンク光やNURO光では、開通するまでポケットWi-Fiをレンタルできるサービスもあります。料金もお得なので、気になる方はチェックしてみてください。

乗り換え方法結果
正しい手順・先に新しい光回線で
乗り換え手続きをする
・その後に利用中の
光回線を解約する
ネットを利用できない
期間が発生しない
間違った手順・先に利用している
光回線を解約する
・その後に新しい
光回線に乗り換える
工事が延期になったり
問題が発生したときに
ネットを利用できない

勝手に乗り換えさせられる?悪徳な電話勧誘に注意!

勧誘電話にも気を付ける

最近では、「サービス案内の電話を受けていたら、勝手に乗り換えることになっていた」というケースが増えています。このように、光回線の悪徳な電話勧誘には注意が必要です。

具体的には、NTTを装った担当者から「料金が安くなる」といった電話がかかってきます。そして詳しい説明のないまま、乗り換えに必要な情報を引き出し、手続きを進めてしまうそうです。

この場合、解約手続きも勝手に進められて、高額な違約金を支払うことになります。総務省からも、気をつけるポイントなどが書かれた資料が公開されているので、一度目を通しておきましょう。

※参照:総務省「光コラボレーションモデルの不適切な電話勧誘に注意

光回線の乗り換えるときの手順・お得な方法まとめ

今回は、お得に光回線を乗り換える手順についてまとめました。

光回線の乗り換えは、1ヶ月前後の期間がかかり、工事費用も発生してしまいます。ただし「転用・事業者変更・プロバイダのみ変更」の場合は、2週間ほどで料金も格安です。

ここで紹介した手順通りに進めないと、余計な費用を支払うことになるので、事前にしっかりチェックしておきましょう。

またキャンペーンや解約金なども確認して、自分にあったところを探すのがポイントです。光回線を乗り換えるときには、ぜひ参考にしてみてください。

通常1、新しい光回線に申し込む
2、光回線の開通工事をする
3、通信機器の設定をする
4、以前の光回線を解約する
転用1、転用承諾番号をフレッツ光から発行
2、希望する光コラボへ転用として申し込む
3、転用の手続き完了・利用開始
事業者変更1、事業者変更承諾番号を光コラボから発行
2、希望する光コラボへ申し込む
3、事業者変更の手続き完了・利用開始
プロバイダ
変更
1、希望のプロバイダに申し込む
2、乗り換え先のプロバイダから書類が届く
3、記載されたID/パスワードで設定
4、契約中のプロバイダを解約する