ネット回線の知識

【画像付き】ping値とは何かをわかりやすく解説!数値の意味や読み方も

ping値の意味とは何か

インターネットの速さは、通信速度で表すことが一般的です。しかし、快適さにこだわるなら、インターネット上での操作性に関わる「ping値」も重要になります。

実際のところ、ping値を意識しているユーザーは少ないでしょう。そこで今回は、ping値とは何なのか、意味や役割をまとめてみました。

また数値を調べる方法や、遅いときの原因と対処法も紹介しています。

初心者でもわかりやすいように、難しい言葉を使っていないので、ぜひ参考にしてみてください。

そもそもping値とは?意味と読み方をチェック!

ping値の意味と読み方

そもそもping値とは、インターネットの応答速度を表す数値です。読み方は「ピン」や「ピング」で、レイテンシと表記される場合もあります。

ping値を調べると、回線の混雑状況などを確認できます。数値を表すときの単位は、ms(ミリセカンド・ミリ秒)です。

この数値が低いほど、操作の時間が早くなるので、インターネットは快適になります。

「pingが通る・送る・打つ」と表現することも

pingが通る・送る・打つ

インターネットの接続状況を調べるときにも、pingを使う場合があります。

ネットワークからの応答があれば「pingが通る」、応答がなければ「pingが通らない」と表現するので、覚えておくと良いでしょう。

またWebサイトの更新情報を、Googleなどの検索エンジンに、いち早く通知できるメリットもあります。その際には、「pingを送る・送信する・打つ」という言葉を使います。

pingが通るホスト・サーバーから応答がある
→ネットワークに繋がっている
pingが通らないホスト・サーバーから応答がない
→ネットワークに繋がっていない

参考:通信速度とping値は何が違う?

通信速度とping値の違い

一般的にインターネットの速さとは、通信速度の速さで表します。

速度が速ければ、1秒間に大量のデータが送信できるので、通信も快適になります。

通信速度の解説

それに対してping値とは、操作のラグ(遅延時間)を測定したものです。

ping値が速いほど、タイムラグが少なくなり、操作がスムーズになります。

ping値の解説

なのでインターネットを利用する上で、通信速度とping値は、どちらも重要な数値と言えるでしょう。

いくら通信速度が速くても、ping値が遅いと意味がないので注意してください。

通信速度1秒間に送信できるデータ量を表す数値
単位はbps(ビーピーエス)
ping値操作のラグ(遅延時間)に関わる数値
単位はms(ミリセカンド・ミリ秒)

ping値が重要になるタイミングとは?

ここでは、どんなときにping値が重要になるのかをまとめてみました。

おおよその目安も紹介しているので、参考にしてみてください。

ビデオ通話やWeb会議をするとき(LINE・Skypeなど)

ビデオ通話やWeb会議でping値は重要

LINE・Skype・Zoomなどの無料チャットツールでは、常にデータを送受信しています。

なのでping値が悪いと、ビデオ通話の音声や動画で、タイムラグが発生します。またテキストメッセージを送受信するときも、遅いと感じるでしょう。

一般的に、スマホやパソコンを普通に使う程度なら、ping値は50ms以下が良いと言われています。

オンラインゲームをするとき(RPG・FPSなど)

オンラインゲームでping値は重要

オンラインの対戦ゲーム・シミュレーションゲームでは、繊細な操作が求められます。

しかしping値が悪いと、ラグが発生しやすく、うまく操作ができないでしょう。快適さにこだわるなら、ping値は30ms以下が目安です。

オンラインゲームを楽しむためにも、通信速度だけでなく、ping値もチェックするようにしてください。

【調べ方】ping値はコマンドを実行すればわかる!

コマンドを実行してping値を調べる

もし利用しているパソコンがWindowsなら、「コマンドプロンプト」を利用して、ping値を確認できます。調べる方法は、以下の通りです。

pingコマンドを入力する際には、通信先のIPアドレスが必要になります。ただし初心者の方だと、操作するのは大変でしょう。

もし難しいと感じる場合は、ping値を調べられるサイトを利用するのもおすすめです。

※参考「バッファロー公式サイト

サイトやアプリで簡単に確認する方法

ping値を確認できるサイトも

ping値を測れるサイト・アプリを利用すれば、計測ボタンを押すだけで、簡単に数値をチェックできます。

これらはWindowsのパソコンだけでなく、Macにも対応しています。またスマホやタブレットからも確認できるので、一度ping値を調べてみると良いでしょう。

ただし一部では、通信速度の結果だけが表示されるサイトもあるので、注意が必要です。別のページでは、ping値も一緒に調べられるところをまとめているので、ぜひチェックしてみてください。

ping値の測定方法と目安
【簡単に測れる】ping値の測定方法まとめ!速度の目安と改善策も【プロがわかりやすく解説】簡単にping値を測る方法をまとめました!快適にインターネットが使えるping値の目安を確認しながら、スピードテストができる測定サイト・アプリをご紹介。計測した結果で、回線速度が遅い、ping値が低いときの改善策もまとめています。...

ping値が遅いときの原因と改善方法

ping値が遅い原因と改善策
簡単にできるping値の改善方法
  • 一度電源を落とす
  • Wi-Fiの接続台数を確認する
  • ルーターの置き場所を変える
  • 有線接続にする

ping値が遅くなる主な原因としては、Wi-Fiルーターへの負荷が考えられます。なのでまずは、再起動をしてみるのがおすすめです。

またWi-Fiの接続台数が多くなると、ping値は遅くなってしまいます。特に使っていないスマホやパソコンが、Wi-Fiに自動接続されていないか、確認してみてください。

他にも、Wi-Fiルーターとの距離をチェックしてみましょう。距離が遠いと電波が不安定になりやすいので、置き場所を変えたり、有線接続にしたりする必要があります。

別のページでは、より詳しく改善方法をまとめているので、気になる方は参考にしてみてください。

遅いインターネットの回線速度を向上させる方法
【これで改善】インターネットの回線速度が遅い!原因と速度を上げる方法【プロがわかりやすく解説】インターネットの速度は、簡単に改善する可能性があります。そこで今回は、回線速度向上のポイントを全部で13項目ご紹介!インターネットが遅い原因・回線速度を上げる方法・目安となる基準値など、高速化のコツを一緒にまとめています。...

まとめ:ping値とは通信速度と同じぐらい重要な数値

今回はping値とは何かを調べるために、意味や役割をまとめてみました。

ping値とは、インターネットの応答速度を表す数値です。ping値が速いほど、インターネットの操作が快適になります。

特にビデオ通話やWeb会議、オンラインゲームをするときには、重要な数値となるでしょう。もし遅いと感じる場合は、一度ping値を調べてみるのもおすすめですよ。

ちなみに別のページでは、回線速度・ping値どちらも速い光回線をまとめています。もしインターネットの速さにこだわりたいなら、ぜひチェックしてみてください。

光回線の速度ランキング
【実測値で比較】光回線の速度ランキング!最速のインターネットを決定【速度公開】契約する光回線によって、インターネットの速度は、100Mbps以上の差があります。そこで今回は、実際の速さで比較して、最速の光回線をランキング形式でご紹介!地域ごとにまとめたエリア別一覧表や、速度が遅い原因なども調査して、高速の光回線を解説します!...