ネット回線の知識

【初心者向け】Wi-Fiとは?メリット・デメリットをわかりやすく解説

Wi-Fiとは

通信関係が苦手という方には、Wi-Fiとは何なのか、よくわからないと感じるかもしれません。

そこで今回は、初心者向けにWi-Fiのメリット・デメリットなどをまとめてみました。月々の料金や、Wi-Fiの使い方についても紹介しています。

ここでは難しい言葉を使わずに、Wi-Fiの仕組みを解説しているので、ぜひ参考にしてみてください。

そもそもWi-Fiとは?仕組みやWi-Fiにできることを紹介

Wi-Fiの解説
Wi-Fiとは?

無線の電波のことで、スマホの電波とは異なる。なのでWi-Fiを利用すると、スマホの通信量の節約になり、速度制限を回避できる。

パソコンやタブレット端末で、インターネットに接続するときにも、Wi-Fiが必要になる。

そもそもWi-Fiとは、「インターネットに接続するために必要な無線の電波」のことです。

もともとは、LANケーブルと呼ばれるものを直接パソコンに繋がないと、インターネットを利用できませんでした。

しかし今では、Wi-Fiが普及し、LANケーブルがなくても接続可能です。その結果、どこでもインターネットを利用できるようになりました。

Wi-Fiの仕組みを解説

参考:Wi-Fiとスマホの4G/LTEは違う?

スマホとWi-Fiの違い

ドコモ・au・ソフトバンクなどのスマホでも、インターネットに接続できますが、Wi-Fiとは仕組みが違います。

スマホの電波である「4G/LTE」は、携帯電話会社の基地局から発信されているものです。この電波には、契約プランごとに通信量が決まっており、使いすぎると速度が遅くなります。

ちなみに、パソコンやタブレットでは、携帯会社の基地局が発信する電波を利用できないので、単体ではインターネットに接続できません。

スマホの電波の解説

それに対してWi-Fiは、電柱から引いてきたネット回線の信号を、無線の電波に変換したものです。そのためには、信号を変える通信機器(無線LANルーター)が必要になります。

このように、スマホとWi-Fiは、利用している電波が違います。そのため、スマホでWi-Fiに接続すると、通信量の節約になり、速度制限を回避できるというわけです。

Wi-Fiの電波の解説

Wi-Fiを使うことのメリットとは?

Wi-Fiのメリット

基本的にWi-Fiには、データ容量の上限がなく、無制限の使い放題になっています。通信速度も速いので、ネットや動画を快適に楽しめるでしょう。

また1つのWi-Fiで、スマホやパソコンなど、複数の端末に繋げられるところもポイントです。つまり、Wi-Fiを飛ばす無線LANルーターが1台あれば、家族みんなでシェアできますよ。

さらにWi-Fiが飛んでいるエリアであれば、外でも接続可能です。最近ではカフェやコンビニなどでも、無料のWi-Fiを提供しており、より便利に利用できるようになっています。

Wi-Fiを使うことのデメリットも確認

Wi-Fiのデメリット

Wi-Fiを使うためには、電柱からネット回線を自宅に引き込んだり、ポケットWi-Fiのようなルーター機器を契約する必要があります。利用料金は、月額でおおよそ4,000〜5,000円です。

また、ルーター機器からWi-Fiを飛ばせる範囲にも限界があります。特に電波をキャッチできない山間部・地下などでは、圏外になってしまうので注意しましょう。

そして人によっては、Wi-Fiの接続設定をすることがデメリットになるかもしれません。ここでは、Wi-Fiの設定方法も解説しているので、不安な方はチェックしてみてくださいね。

こんな人にWi-Fiはおすすめ!

Wi-Fiがおすすめの人

改めてWi-Fiとは、ネットを快適に利用するためのものです。

Wi-Fiのメリット・デメリットをまとめると、「スマホの通信制限に悩まされている人」には、特におすすめだと言えます。

また「パソコンやタブレット端末を使う人」には、Wi-Fiは必須アイテムです。通信速度も速くなるので、「ネットや動画が遅いと感じている方」にもぴったりでしょう。

一方で、パソコンを使わない方や、スマホの速度制限に困っていない方は、すぐに必要ないかもしれません。月額の費用もかかるので、本当にWi-Fiを使うのか、再度検討してみてください。

【全部で5パターン】Wi-Fiを使うための方法

Wi-Fiを使う方法

ではここから、Wi-Fiを使うための方法を5つ紹介します。それぞれWi-Fi利用時のメリット・デメリットを比較しているので、ぜひ参考にしてみてください。

クリックすると、該当箇所へ移動します。

1、自宅に光回線を引き込む

光回線でWi-Fiを使う

電柱から自宅にケーブルを引き込んで利用する「光回線」は、自宅でWi-Fiを使うときの一般的な方法です。他よりも高速で、無制限に使えるところがメリットになります。

月額料金は戸建てで約5,000円、マンションで約4,000円です。キャッシュバックやスマホ割引などのキャンペーンを適用させれば、実質料金はかなりお得ですよ。

ただし、光回線でWi-Fiを繋げるためには、自宅で簡単な工事をする必要があります。また引っ越しをすると、再度工事が必要になるので、長くWi-Fiを使い続ける方におすすめです。

2、ポケットWi-Fiを持ち歩く

ポケットWi-Fiを使う

「ポケットWi-Fi(モバイルルーター)」は持ち歩き可能で、家でも外でもWi-Fiに繋ぐことができます。また届いたらICカード(SIM)を差し込むだけで、すぐに使えるところもメリットです。

月額料金は、無制限プランで月額3,000円~4,000円程度です。制限のあるプランにすると、さらに月額料金が安くなります。

通信速度は光回線よりも遅めですが、一人暮らしなら問題ない程度です。また使いすぎると速度制限になるので、頻繁に動画を見る方には、あまり向いていないかもしれません。

3、ホームルーターに契約する

ホームルーターでWi-Fiを使う

「ホームルーター」は、家のコンセントに差すだけで使える、置き型のWi-Fiルーターです。月額料金は無制限プランで4,000円~5,000円程度になります。

こちらも速度は光回線に劣りますが、自宅の工事をすることなく、Wi-Fiを使えるところがポイントです。「光回線の工事ができないときの代替案」としてもおすすめします。

ホームルーターのソフトバンクエアー
出典:Softbank Air

また、引っ越し先に持っていくことも可能なので、転勤が多い方にもぴったりです。速度制限を受ける種類もありますが、「Softbank Air」なら無制限で利用できますよ。

自宅でインターネットに接続することがメインの方は、ホームルーターも検討してみてください。

4、公衆無線LAN(Wi-Fiスポット)に接続する

Wi-Fiスポットを利用する

「公衆無線LAN」はカフェやコンビニ、ホテルなどに設置されているWi-Fiサービスです。別名「Wi-Fiスポット」とも呼ばれています。

利用料金は基本的に無料なので、外でもWi-Fiを便利に使えます。ただし、利用できる場所は限られていて、いつでも使えるというわけではありません。

また利用者数が多いと、Wi-Fiの通信速度が遅くなってしまいます。セキュリティの安全性も気になるので、頻繁な利用はあまりおすすめできません。

5、スマホのテザリング機能を利用する

テザリング機能

スマホの「テザリング機能」を利用すると、スマホをWi-Fiルーターの代わりとして活用できます。この場合、スマホの電波が通じるところであれば、インターネットに接続可能です。

ただし無制限で使えるわけではなく、スマホの通信量としてカウントされます。つまり、スマホの容量プランを大きくしておかないと、通信制限になってしまうかもしれません。

またスマホのバッテリー消費が激しくなる、テザリング中は通話ができないなどのデメリットもあります。なので外でもWi-Fiを使うなら、ポケットWi-Fiの方がおすすめです。

タイプ別!おすすめのWi-Fiとは?

おすすめのWi-Fi

紹介したように、Wi-Fiを使う方法はいくつかあります。特に初心者の方だと、どのWi-Fiが自分に合っているのか、迷ってしまうかもしれません。

自宅でネットを使う頻度が多い方には、光回線がおすすめです。スマホ料金が割引されるところを選べば、格安でWi-Fiを利用できます。

自宅で光回線の工事ができない、または引っ越しをすることが多い方には、ホームルーターも良いでしょう。コンセントに差すだけなので、Wi-Fiの設定も簡単です。

もし外でもWi-Fiを使うなら、ポケットWi-Fiをおすすめします。公衆無線LANよりも安全で、テザリングよりも快適に、インターネット接続ができますよ。

光回線自宅でWi-Fiを使うなら1番おすすめ
キャンペーンがお得で通信速度も速い
ホームルーターコンセントに差すだけの置き型Wi-Fi
光回線が使えないときにおすすめ
ポケットWi-Fi
(モバイルルーター)
外でもWi-Fiを使いたい人におすすめ
一人暮らしなら問題なく使える

注意!海外へ行くならWi-Fiは必須

海外用Wi-Fiについて

日本では当たり前のように、スマホやWi-Fiを利用できますが、海外では通信できません。つまり、地図アプリや翻訳アプリも使えず、連絡も取れなくなってしまいます。

なので海外に行くときは、海外専用のポケットWi-Fiをレンタルしておくと便利でしょう。1泊2日からの短期契約も可能で、旅行のときや、出張のときにも役立ちますよ。

ちなみに、現地のフリーWi-Fi(公衆無線LAN)を使う方法もあります。しかし、Wi-Fiの設定方法も外国語で、利用できるエリアも限られているので、初心者の方には難しいかもしれません。

Wi-Fiの使い方、開通方法を簡単に説明

Wi-Fiを申し込む

Wi-Fiを使うためには、まず光回線やポケットWi-Fiを契約する必要があります。

基本的に、インターネット接続に必要なものはレンタルできるので、自分で購入したりする必要はありません。

ただし料金プランやキャンペーンなどは、契約先によって大きく異なります。なので、自分に合ったところを見つけることが重要です。

スマホ・パソコン別!Wi-Fiの接続方法も紹介

Wi-Fiの設定方法

Wi-Fiの接続設定は簡単で、SSID(ネットワーク名)とパスワードを入力するだけです。

SSIDとパスワードは、Wi-Fiルーターに貼ってあるシールに書かれています。ポケットWi-Fiの場合は、画面を操作して「設定」や「情報」をタップすると確認できます。

その後、確認したSSIDとパスワードを、スマホ・パソコンに登録すれば完了です。操作方法は、どれも基本的に同じなので、以下を参考にしてみてください。

スマホの
Wi-Fi設定
1、ホーム画面で「設定」を起動
2、「Wi-Fi」をタップ
3、ネットワーク一覧から確認したSSIDを選ぶ
4、確認したパスワードを入力
パソコンの
Wi-Fi設定
1、Wi-Fiマーク(アンテナまたは扇形)をクリック
2、ネットワーク一覧から確認したSSIDを選ぶ
3、確認したパスワードを入力

初心者向け!Wi-Fiのメリット・デメリットまとめ

今回は初心者向けに、Wi-Fiとは何か、メリット・デメリットをまとめてみました。

Wi-Fiを使うと、スマホの通信量を節約できるだけでなく、パソコンやタブレット端末でもインターネットに接続できます。

もし自宅で利用するなら、通信速度が快適な光回線や、コンセントに差すだけのホームルーターがおすすめです。外でも使いたい方は、ポケットWi-Fiが良いでしょう。

Wi-Fiの接続方法も簡単なので、そこまで心配する必要はありません。ぜひここで紹介した内容を参考にして、自分にあったWi-Fiを探してみてください。